2006年7月15日 (土)

今回もちょっと真面目な話です

例の彼女にガッカリしてしまいました。

「器量が狭い」っていう非難を覚悟のうえで、ブログを書いています。

急に「飲みにいこう」ってメールで誘ったのですが、約束時間の30分後に、今、別のところで飲んでいるっていうメールが返ってきました。

このメールの文面を見た瞬間、私は、あきれてものも言えませんでした。よりによって、「自分は楽しんでいる」ということを真っ先に書いてくるなんて...

その後、私が「もういい、勝手にしろ」的なメールをうつと、今度は「今、どこにいるの?」という返信が。

恥ずかしながら、そのメールでカチンときてしまい、彼女に文句を言っていると、「何怒ってんの? でも、とりあえず、ごめんなさい」というメールが送られてきました。

私がどうしてこんなに怒っているのか、彼女には分からなかった」点と、「酒を飲んで酔っぱらった状況で謝った、しかも"とりあえず"という言葉つき」という2点に、ものすごくがっかりしました。

相手のことを、相手の身になって考えれば、「自分が何をするべきなのか」それくらいは分かると思うのに。少し、彼女との距離を感じた瞬間かもしれません。

私が相手に求めるレベルが、高すぎるのでしょうか? もう、分かりません。

| | コメント (371) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

今回はちょっと真面目な話です

このブログに私の個人的な恋愛事情を書いていいものかちょっと迷ったが、「書くことで少しでも気が晴れる」のなら、書くのもアリかなと思った(匿名だしね)。

実は気になっている人がいたのだが、最近、「私はその人のことが好きなんだな」ということに気づいた。私は「好きな人には好き」とすぐに伝える方なのだが、今回はちょっと事情が違う。「何も言わずに潔く撤退」がベストかもしれない。多分、言ってもうまくいかないと思う。

というのも、その人は内面も外見も私的には申し分ないのだが、ただ一つ、いろんなことに消極的な生き方が、いつも私をイライラさせるからだ。例えば、自分からは決して愛そうとはしないのに、愛されたがっているところとか...

もちろん、女性は自分から誘ったり、アピールしたりって、なかなかできないことも分かってる。でも、そういう生き方って、相手のことが見えないし、すごくズルい気がするし、私にはどうしても受け入れられない。

だから、今回は私は撤退しますが、彼女の今後のためにいくつかアドバイスをしようと思います。

それは、彼女のその消極性のためにその人の魅力が十分、活かされていないと感じるし、それってすごくもったいないことだと思うし、誰かが言ってあげるべきだとも思うから。

私の忠告を聞いてくれて、その人が今よりも数段、魅力的な女性になってくれれば、私は別に嫌われてもかまわない。むしろ、それぐらいの覚悟が無いと、実のある助言ってできないんじゃないかな?

悪役になるのを覚悟で、アドバイスしようかなって思う、今日この頃です。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木)

理想のプロポーズ?

アメリカのホームページを見ていたら、「あなたがプロポーズをする時の理想のシチュエーションは?」というアンケート結果が載っていました。

相手の前で立て膝をついて。
レストランで。
公園のベンチで。
ディズニーランドで。
クリスマスに。
花束の中に指輪を隠して。
浜辺を歩きながら。
新聞に宣伝をだす。
ラジオでDJにたのむ。

等々、いろいろあげられていました。
でも、こんなにもあれこれと考えなければいけないのでしょうか?

私自身の場合、たぶんもう少し先の話になるだろうが、プロポーズはいかにロマンティックな雰囲気を作るか、いかに大掛かりなプランを立てるかではなく、いかにして相手の記憶に残るようにするか、を第一に考えるようにしたい(そのためには、多少は雰囲気作りも大切か?)。

それが、相手にとってのベストプロポーズになると思うので...

| | コメント (0) | トラックバック (0)