2006年6月17日 (土)

オランダ頑張れ

オランダ対コートジボアール戦を見ながら、この記事を書いていた。

90年代前半にACミランに所属していた、ファンバステン、ライカールト、フリットというオランダトリオ。この3人のプレーがとても魅力的で、当時サッカー小僧であった私にはまさに憧れの的だった。
だから、私は、オランダのプレースタイルがすごく好きで(非国民と言われるかもしれないが、日本より好き)、是非オランダには決勝まで行ってもらいたい。

さて、今日は給料日だったのですが、給与明細を見てビックリしました。
税金、社会保険料も含めて相当な額が引かれていました。先月もかなり引かれていたのですが、今月はさらに徴収されていました。ちょっと、ショックです。なぜ国がこんなにもっていくんだ?と怒りすら感じます。

年金問題とか税金問題とか、学生の頃はあまり真剣に考えなかった。自分には関係ないと思っていたから。でも、社会人になって、当事者になってみると事の重要性が分かってきました。今後は、もう少し自分で考えるようにしよう。考えないと、意見も言えないしね。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

チャンピオンズリーグ決勝戦

ワールドカップ前にひと興奮。“バルセロナ vs. アーセナル”チャンピオンズリーグの決勝戦がもうすぐ始まる。

バルセロナには言わずと知れた、ロナウジーニョがいて、エトー、ラーション、メッシ...あげたらきりがないほどのスーパースター揃い。しかも、監督もライカールトで元超スーパースター。
一方、アーセナルにはアンリ、リュングベリ(ベルカンプもあげたい)といった、こちらも超スーパースターがチームを引っ張ります。

この2チームの試合が面白くないはずがない。絶対、好ゲームになると思います。
あり得ないくらいのボールさばき、ノールックパスなど、ロナウジーニョがボールを持っただけでワクワクする(もはや彼はキャプテン翼を超えているでしょう、超えていないまでも、少なくとも岬君レベルには達している)。

予想は、2−0でバルセロナの勝ち。エトーが2ゴール決めます。っていうか、バルセロナに勝ってほしい。だってそうすれば、年末のFIFAクラブワールドチャンピオンシップでバルサを見ることができるし。

でも、テレビ放送の時間帯が深夜なんだよなー。試合はビデオにとって休みの日にでも、ゆっくりと見よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

ワールドカップメンバーが発表されて...

昨日、ワールドカップのメンバー、23人が発表された。

久保落選、巻メンバー入りは「ちょっとしたサプライズ」らしいが、私にとっては、そんなにサプライズではなかった。むしろ、松井の落選のほうがちょっとショック(_ _。)…シュン

巻の常に一生懸命なプレイスタイルはとても清々しく印象的だし、巻のメンバー入りに文句を言う人はいないんじゃないかな。
久保は、インタビュアーに何を聞かれても、「良かったです...」しか言わないという点がちょっと…。

ブラジル、クロアチア、オーストラリア。厳しいグループに入ってしまったが、なんとかして予選を突破してもらいたい。少しでも長く、日本チームのプレイを見ていたいので。でも、優勝チームはオランダと予想しているので、日本は準優勝ってことにしておこう。

W杯や3月にあったWBCのような世界大会は、日本という国の存在を感じることができる、いい機会だと思う。世界に思う存分、日本を見せつけてやってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

ヤクルト大勝!

Cimg0103_1今日は仕事がかなり早く終わったので、神宮球場へヤクルト vs ライオンズ戦を見に行った。着いたときには、ちょうど、カブレラに2ランホームランを打たれた後で、6対0でヤクルトが負けていた(泣) 今日はもう負けかな、そう思っていたら…




Cimg01084回裏、ラロッカの3ラン、岩村のタイムリー、ラミレスのホームラン、ラロッカの2打席連続ソロホームランなど、気づけば11点も取っていた\(^▽^)/ ヤホーイ




Cimg0109なにしろ、1イニング11点なので、1塁側は東京音頭の大合唱♪
もう大騒ぎヽ(^◇^*)/ ワーイ






Cimg0107一方、3塁側は意気消〜沈〜(もともと人もあまり入っていなかったが…)。





Cimg0111最終的には、14対8でヤクルトが勝ちました。9回に少しバタバタして1点失うなど、課題は多く残っていますが、勝ったのでよしとしましょう。

ちなみに、昨シーズンは20回、神宮球場に行きましたが、ヤクルトの成績は20戦20勝でした。つまり、私が試合を見に行くと、ヤクルトは負けないということです。今日もその神話が破られずに済みました=(^◇^ ; ホッ!

| | コメント (527) | トラックバック (2)

2006年5月 7日 (日)

スワローズがんばれ!!

我がヤクルトが巨人に負けて、かなり悲しいValentiaです。

今年は古田プレイングマネージャーの誕生と、話題に上ることが多いヤクルトですが、弱かったらダメですよ。

ε-(ーдー)ハァ-、90年代のヤクルト黄金期が懐かしい。
当時は、優勝した次の年は4位。でもその翌年はまた優勝。
といったことを繰り返す、浮き沈みの激しい時代でした。
92(リーグ優勝)、93(日本一)、95(日本一)、97(日本一)と4回も優勝した、ファンにはたまらない、まさに黄金時代。

一方で今は、ヤミ金なみの高い利率で、借金が増えている状況です Σ( ̄Д ̄;)がーんっ!

選手の方にはもう少しがんばってもらって、一つずつ借金を返していってもらいたいです。
そして、できれば巨人を喰って優勝。お願いします。

すでに、ヤクルトの優勝決定に合わせたスケジュールで動いてますから!!
紀尾井町の、とあるホテルでのビールかけに行く準備ができてますから!!

でも、今のチーム状況を抜け出すには、いったいどうすればいいんでしょうか?

| | コメント (13) | トラックバック (1)