« なつのおもいで 2006(沖縄) | トップページ | なつのおもいで 2006【美ら海水族館】 »

2006年9月 3日 (日)

【Fake】五十嵐貴久


Fake

オススメ度★★★☆☆

私にとって、初の五十嵐貴久作品。ポーカーで10億をだまし取ろうとするコンゲーム。様々なテクを駆使して大金をだまし取ろうとする側と、騙されまいとする側の攻防。そして最後に待つ大仕掛け。

話自体は、まさに映画「The Sting」のような感じ。しかも、最後のオチの内容までほとんど同じ。だから、The Stingをみたことがある人には、それを小粒にした作品に映ってしまうと思うし、どうしても、二番煎じの感は拭えない。っていうか、逆に言うとそれだけ「The Sting」が偉大だということ。

でも、話が分かりやすく、内容について深く考えることもなかったので、サクサクと読めてしまいました。エンターテイメント作品としては合格ではないでしょうか。なので、可もなく不可もなくといったところで星3つ…

|

« なつのおもいで 2006(沖縄) | トップページ | なつのおもいで 2006【美ら海水族館】 »

コメント

どうも、五十嵐貴久です。本人だったりします。
感想、どうもありがとうございます。
さて、そんなこんなで私の新刊「パパとムスメの7日間」が、このたび朝日新聞社から発売されました!47歳のパパと、17歳のムスメの体と心が入れ替わって起きる大騒動を描いた話でございます。よかったら、試しに読んでみていただければ嬉しいです。ではでは。五十嵐貴久でした。

投稿: 五十嵐貴久 | 2006年10月11日 (水) 20時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83861/3307199

この記事へのトラックバック一覧です: 【Fake】五十嵐貴久:

« なつのおもいで 2006(沖縄) | トップページ | なつのおもいで 2006【美ら海水族館】 »