« 【Fake】五十嵐貴久 | トップページ | 【オーデュボンの祈り】伊坂幸太郎 »

2006年9月 4日 (月)

なつのおもいで 2006【美ら海水族館】

今回の沖縄旅行の目的は、ダイビングの講習。結構厳しいイントラだったので、海中写真なんか撮っている暇がありませんでした。カクレクマノミ(ニモ)とか見れたのに、残念。

Cimg0413でも、講習後に時間があったので、美ら海水族館に行きました。8月31日、夏休みも終盤だというのに、結構混んでいました。

Cimg0411チョウチョウウオやスズメダイなど、カラフルな魚がいっぱい。さっきまで、海の中にいたので、「あっ! あの魚、さっき見たやつだ!!」などと、はしゃいでました。周りにいた人ごめんなさい。

Cimg0412ご存知、ナポレオンフィッシュ。正式な和名はメガネモチノウオ(眼鏡持ちの魚?)というようです。


Cimg0405しかし、やはり美ら海水族館といえば、これ。ジンベイザメがいる大水槽。ジンベイザメだけでなく、マンタやエイなど、その他多くの魚が中で泳いでいます。水中を優雅に、時に機敏に泳ぐ魚を見ていると、1時間は楽に過ごせてしまいます。それほど、私は気に入っています。まさに、陸上にある海。

Cimg0396ジンベイザメとマンタ×2。さすがにジンベイザメはでかい。目の前で見るとその大きさに圧倒されます。


Cimg0409ジンベイザメの食事の時間に居合わせることができました。えさを食べるジンベイザメを下から撮った写真です。えさを周囲の海水ごと飲み込んでいました。目前でみると、かなりの迫力です。

Cimg0407美ら海水族館でお気に入りの場所がもう一つあります。サメのエリアです。この写真は、発光禁止にして、あえて露出アンダー気味に撮ってみました。暗闇で光るサメの目がうまく撮れた気がします。こんな目で睨まれたら、ちょっと怖い。でもやっぱりサメは、カッコいい。

Cimg0406水槽に迫りくるサメの迫力を撮ろうと、必死になってシャッターチャンスを待っていて、ようやく撮れた1枚。でも、サメの肌が思ったより色白で、迫力があるというより、きれいな肌だな〜と全然関係ないことを思ってしまいました(笑)

Cimg0403十分に水族館を堪能して、外に出てみると、もう夕暮れでした。




Cimg0402最後に中央ゲートで写真を1枚。カニとイカが見送りにきてくれました。今回で美ら海水族館に行くのは3回目。4回、5回と何回でも行きたくなる水族館です。

|

« 【Fake】五十嵐貴久 | トップページ | 【オーデュボンの祈り】伊坂幸太郎 »

コメント

こんばんは、ダイビングをはじめたのですか。私も、ずーっと昔
に、西表島や小笠原にダイビング
に行ったことを、日記に書いているので見てください。昨日
香納諒一の「贄の夜会」を読み終わりました。

投稿: 猪股勝己 | 2006年9月10日 (日) 19時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83861/3320560

この記事へのトラックバック一覧です: なつのおもいで 2006【美ら海水族館】:

« 【Fake】五十嵐貴久 | トップページ | 【オーデュボンの祈り】伊坂幸太郎 »