« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月29日 (火)

【約束の冬】宮本輝


約束の冬(上)

オススメ度 ★★★★☆

「十年後の十二月五日の朝、地図に示したところでお待ちしています。お天気が良ければ、ここでたくさんの小さな蜘蛛が飛び立つのが見られるはずです。ぼくはそのとき、あなたに結婚を申し込むつもりです」(上巻の帯より)。

蜘蛛が飛ぶ!? 帯のこの文章を読んで、最初に感じたことでした。どういうことか知りたくて、その興味だけで、買ってしまいました(^^;

子供の蜘蛛が空中に糸を出し、うまく風に乗って飛び立ち、自分の世界への巣立っていく。。。そういう現象を「飛ぶ」と表現したのでしょう。学生を卒業して、新たに社会人として、自分の世界を確立するために巣立っていくという、今の私の状況を表しているかのようです。普段はあまりお目にかかりたくないクモですが、なんか応援してました。

そんな空飛ぶクモの話は、俊国と留美子の「約束」にまつわるエピソード。他に、桂二郎と俊国の祖父、小巻と留美子の間にも「約束」が。この作品は「約束」がテーマになっている。

「約束の冬」を読んでいて思ったことは、人は他人との約束を拠り所にして、生きていくのかもしれないということ。そう考えると、「約束を守る」って、人との繋がりを感じられる、すごく素晴らしいことなんじゃないかな。

ラストは、ハッピーエンドになりそうな予感を残しつつ終わり、ちょっと中途半端な感じがするのですが、読む人が自分の中でラストを作っていけばいいのかなと思います。

宮本輝の本には葉巻、高級割烹、古典文学など、シブい大人を感じさせるものが登場する。意外とそういうシブさがいい味を出していて、好きだったりする。特に徒然草の一節は心に響くものでした。

単行本でも文庫でも、結構な長さの小説で、しかも、中盤はやや単調になるので、飽きてくるかもしれません。でも、何か一つでも(一文でも)残るものがあれば、読んでよかったと思えるのではないでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月27日 (日)

【葉桜の季節に君を想うということ】歌野晶午


葉桜の季節に君を想うということ

オススメ度 ★★★★☆

これ、2004年版「このミステリーがすごい」の第1位になった作品です。

終戦のローレライが同年版の2位なのですが、じゃあ、1位はどれだけ面白いんだ?と思い手に取って、早2年。ようやく最近になって、読み終わりました。

単なるハードボイルドものかなと思って読んでいましたが、途中から、「文章表現が何かおかしい」と、何とも言えない違和感を感じていました。どうしてそんな違和感を感じたのかは、最後に待っていた大どんでん返しによって、納得するのですが、この大どんでん返しは衝撃的でした。やられたって感じですね(^^;

「えぇ!?、ちょっと待って、今の何? 何が起こったの?」って思い、数ページ前から、何度も読み直す必要があるほどです。 ただし、このどんでん返しがどれほど衝撃的で面白くても、このミス1位はちょっと納得できませんでした。ミステリー的な要素(フーダニット&ホワイダニット)があまり感じらず、読者と著者の頭脳戦という、ミステリー小説の醍醐味が味わえなかった気がします。まぁ、面白いので何位でもいいのですが。

「葉桜の季節に君を想うということ」。ミステリー小説なのに、恋愛小説っぽいタイトルがついていて、なんかビミョ〜なんですが、逆にそれが印象に残るための戦略なのかなとも思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月26日 (土)

【月光ゲーム】有栖川有栖


月光ゲーム―Yの悲劇’88

オススメ度 ★★☆☆☆

「あらすじ」夏休みに、ある山のキャンプ場にやってきた17名の大学生。楽しいひとときになるはずだったのだが、突然、火山が噴火し、帰り道を断たれてしまう。閉ざされた空間内に閉じ込められ、さらに最悪なことに、次々と人が殺されていく。被害者は"Y"というダイイングメッセージを残して。犯人は誰なのか、そしてその動機は? 

有栖川有栖の長編デビュー作。登場人物が大学生なので、自分の学生時代を思い出しながら読んでいたが、スウェーデン館の謎とか、マレー鉄道の謎と比べてしまうと、やっぱり物足りない。本当に、火山を噴火させる必要性があったのか? ミステリーに動機に結びつかない、恋愛話は必要か? 犯人の動機とラストはあれで良いのか? そもそも登場人物が多すぎないか?etc... 

不満はたくさんあるものの、長編デビュー作だから、仕方が無いなと思ったりもする。まあ、この月光ゲームに続く作品(孤島パズル&双頭の悪魔)が秀逸なので、これはこれでいいのかな。

この作品、有栖川有栖の入門編と言えなくもないが、できればスウェーデン館の謎やスイス時計の謎を読んでほしい。こっちの方が面白いです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

明日から楽しい夏休み♪

明日から、念願の夏休みです♪10連休です\(^O^)/ワーイ!

休みとはいえ、今週はやることがたくさんあって、結構忙しい。でも来週はそうでもないので…笑いが止まりません。

この休みに何をするのかというと、もう一つしかありません。そうです、沖縄に行くのです。行って、ダイビングをするのです。既に、沖縄までの飛行機のチケットと、ホテルの宿泊予約と、ダイビングショップでダイブの予約を取っちゃってます。なので、急に仕事が入ったとしても、もうキャンセルできません。っていうか、お願いだから急な仕事の発注は止めて下さいm(__)m

沖縄に行くのは久しぶり。最後に行ったのは、ゆいレール(沖縄のモノレール)ができた時だから、もう3年くらい行っていない。美ら海水族館とか、離島巡りとか、泡盛三昧とか...ダイビング以外にも、行きたいところ、やりたいことがたくさんある。今からスゴい楽しみ。

私は普段から、仕事帰りに飲みに行ったり、クラブに行ったり、ナイターを見に行って遊んでいるが、夏休みはそれとは違った遊び方ができる。

目一杯、思いっきり、全力で遊んでやるぞ!!

| | コメント (449) | トラックバック (2)

2006年8月21日 (月)

【赤い指】東野圭吾


赤い指

オススメ度 ★★★★☆

この作品、たった今、読み終わったばかりです。ホットなうちに記録を残しておこうと思います。
最近の東野作品は、本格ミステリーファンには物足りないということをよく聞くが、この赤い指も多分、本格ミステリー好きにはお薦めできないかもしれない。

というのも、途中で話の展開が読めて、ラストもあっ、やっぱりねというもので、本格ミステリー的要素という点では「?」と思わざるを得ないからだ。なので、本格ミステリー好きは法月などを読みましょう。

でも、途中でネタが分かってしまっても、最後まで飽きずに読めてしまった。それは、270ページという中に、高齢化社会、家庭内不和、少年犯罪など、現代社会が直面している問題を、きっちり盛り込んでいて、読んでは考え、考えてはまた読む、こんなスタイルで読んでいたからかもしれない。

自分中心的で刹那的な考え方の息子、現実から逃げてばかりの生き方の父親、息子中心で周りが見えていない母親、そして認知症の祖母。家庭というものはそれぞれ問題を抱えている(例え、外からは全く平凡に見えたとしても)。そんな問題だらけの家庭の中にあって、家族愛って一体何なのか? 考えさせられる作品でした。

容疑者Xの献身では、「愛する人(他人)への献身」がテーマであった。赤い指では、「愛する人(家族)への献身」といったところか?

この作品、メインキャラクターはもちろん前原一家だと思う。でも、前原一家が関わった事件を使って、うまく表現された加賀恭一郎の人となりも、隠れテーマとして楽しめるかも?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

素直に言っているだけなのに

私は、女の人の髪型や髪の色とか、服装がいつもと違っていたら、それにすぐに気づいて、「似合ってますね」的な褒め言葉を常に言うようにしている。それって、礼儀のようなものと思っているから。

この間、髪型を変えた人に対して、「その髪型、若々しくて良いですね。すごく似合っていて、素敵だと思います」と言ったら、「そういうこと言ってくれるのは、◯◯さんだけですね」って言われました。

こういうやり取りって、普通のことだと思うけど、周囲の男性の視線は結構、冷たいものがありました。どうして、そんな冷たい視線で見ていたのか分からなかったので、先日、飲み会の際に聞いてみたところ、「いったい、お前は何を言っているんだ? よくそんなこと平然と言えるな」と感じていたようです。

それを聞いて、私の方が「何言ってるんだ?」って思っちゃいました。

褒められて嬉しいと思わない女性はいないことが前提ですが、女性に対する褒め言葉はコミュニケーションの一つだと思います。これって、いつの時代でも同じではないでしょうか?

| | コメント (359) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金)

テレビ

学生の頃は、テレビを見ない日は無かったし、最低でも5時間以上/日は見ていたと思う。ところが、社会人になったら、1〜2時間位/日で、全くテレビを見ない日すらある。忙しくって、疲れていて、テレビを見るどころではないからだ。

テレビって主要な情報源だから、絶対に必要なものと思っていたけど、最近は、そうでもないかなって思うようになった。たぶん、無くてもそれほど困らないと思うし、新聞とかインターネットで、情報を簡単に手に入れることができるし。。。

ただし、若い女性と話をする際には、テレビネタは必須なので、話についていける+ネタフリができる位の情報をゲットする必要がある。そう考えると、やっぱりテレビは絶対必要かな。

ところで、今日ジムで泳いでいたら、突然、左足がつりました。
「準備運動がいかに重要か」ということを、身をもって知ることができました。

| | コメント (370) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

ジムで3kg落とすぞ

昨日、何気なく風呂上がりに体重計に乗ってみたら、なんと3kg太っていました。

最近は特に食べ過ぎの傾向にないので、そうすると原因は一つしかありません。
そうです、酒太りです。

体型の維持は、若さを保つ秘訣でもあるのです。たったの3kgといっても侮ってはいけません。ダイエットしなければ。という訳で、今日はここのところサボり気味だったジムへ行って、エアロバイクで10km、30分ほど泳いで、その後マシンで筋トレ。

久しぶりに、良い汗をかきました。なんと今日だけで、体重が1kg落ちていました。あと2kgです。

やったね!

でもやっぱり、風呂上がりにビールを飲んでしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月13日 (日)

最近の読書事情

「冷血:カポーティ」、「殺人の門:東野圭吾」、「赤い指:東野圭吾」、「マレー鉄道の謎:有栖川有栖」。

私はこの4冊の本をかけもちして読んでいる。

最初は「冷血」を読んでいたのだが、あまりにも読みにくい本だったので、文庫で発売された「殺人の門」に手を出し、そっちを読んでいた時に偶然、古本屋で「マレー鉄道...」を見つけたのでおおっと思ってそれにも手を出し、そして、「赤い指」はもちろん、読まないといけないし。。。

で、結局4冊を同時進行で読むことになってしまいました。

でも、最近やっぱり4冊同時進行って無理!!って思うようになりました。というのも、話の筋が全然頭に入らないからです(泣)

とりあえず、秋に“カポーティ"っていう映画が公開されるので、真っ先に「冷血」を読んで、それから「赤い指」、「マレー鉄道...」、最後に「殺人の門」の順で読むことにしました(殺人の門が最後ってのも、どうかと思うが)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

また二日酔いです。

今日は朝から頭が痛くて、気分も悪くて、最悪な一日でした。
というのも、昨日は私の誕生日で、午前3時くらいまで飲みまくっていたからなのです。

ひどい二日酔いと睡魔に襲われつつ、仕事をしなければならない辛さといったら、表現のしようがありません。社会人なんだし、もう少し、節度のある飲み方を学ばないといけないなと思いました。

でも、目の前に酒があったら飲んでしまうんですよね〜
ちなみに、今も目の前の黒エビスとプレミアムモルツが、出番を待っている状態です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

風邪、ひいちゃいました。。。

どうやら風邪をひいたらしい。ノドが痛いし、咳もでる。
最近、あまりにも暑いので、クーラーをガンガンに効かせて寝ていたんだけど、やっぱりそれが悪かったか。

こんな時はさっさと寝てしまうに限るが、そう思いつつも、ビールを飲みながらこのブログを書いていたりする自分がいる。どうやら、本気で治す気はないらしい。風邪なんて知らないうちに治ってるしね♪

それはそうと、どうやら今月の末に、まとまった夏休みが取れそうです\(^▽^)/
沖縄に行って、ダイビング三昧といきますか!!

| | コメント (1) | トラックバック (8)

2006年8月 6日 (日)

ロスト・イン・トランスレーション

Lost_in_translation_2






オススメ度 ★★★★

渋谷シネマライズで上映されていたこの映画、DVD化されてから時間が経っていますが、ようやく見ることができました。

外国から日本にやってきた人が、東京で孤独感に悩まされる。そういった心情がよく表現されているな〜と思った。東京は様々な外国文化が氾濫してて、全く統一感がなく、日本らしいところがこれっぽっちもない。それは人間関係が希薄なコミュニティにつながる。それじゃあ、孤独感を感じるのも無理はない(特に、外から来る人にとってはね)。

私は、アメリカとデンマークで生活をしたことがありますが、その時にはそんなに孤独感は感じませんでした。言葉の壁はやっぱりあったのですが、周りが温かく迎えてくれたからか、なんか、自然にそこのコミュニティに溶け込むことができたと思います。

やっぱり、「人」が違うんですかね?

| | コメント (405) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

久しぶりのクラブで。。。

昨日は、急に異動が決まった会社の上司の送別会。
1次会はそこら辺の居酒屋でビールと焼酎。2次会はクラブへ移動して飲み、そして踊りあかした。

クラブへは久しぶりに行ったのですが、やっぱり「大勢が一つのところに集まって、踊りまくる」雰囲気って最高に気持ちいい!! ノリノリで踊っていて、気がついたら終電の時間を過ぎていました。もう帰れないと分かったので、開き直って朝まで飲んで、踊って、飲んで、また飲んで、そして踊って、バカ騒ぎ。私もまだまだ若いなって実感した時間です。

ただ、楽しかったのはそこまで。楽しいことの後には辛いことが待っているのも世の常。

普段からジムに行って体を鍛えているのにもかかわらず、踊る時に使う筋肉と筋トレで鍛えている筋肉は違うのか、朝からひどい筋肉痛に悩まされています。特に、ふくらはぎがヒドい。おかげで、ロボットダンスみたいな、変な歩き方になっています。

今日は、恥ずかしくって、外を歩けませんでした(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »