« オランダ頑張れ | トップページ | 戦場のピアニスト »

2006年6月17日 (土)

バタフライ・エフェクト

Butterfly_effect




オススメ度 ★★★★☆

最初の数分を見た時には、サスペンスなのかと思った。でも、実際にはサスペンスではない。じゃあ、どのジャンルかと言われると、よく分からない。バタフライ・エフェクトというジャンルと言うしかない。

“自分の隣人の今”を変えるため、過去に戻ってちょっとした“初期条件の変更”を行う。“一番良い今”を見つけるために、何度も過去に戻ってちょっとした修正を繰り返すが、事態はいっこうに良くなる気配がない。

そんな中とった、主人公の決断は物事の根本を変更する事だった。そして、訪れる最後のエンディング。。。
私的にはオリジナルのエンディングが一番しっくりくるのですが、この辺意見が分かれるところだと思います。

でも、今が気に入らないからといって、過去に戻ってやり直そうっていう考え方ってどうなのよ? これだと、ここ一番って時に、真剣に責任もって決断できないんじゃないの? 話の根幹に関わる部分だけど、疑問に思ってしまいました。

「バタフライ・エフェクト」とは、ある場所で蝶が羽ばたくと、地球の反対側で竜巻が起こる。つまり、初期条件のわずかな違いが、将来の結果に大きな差を生み出すというカオス理論のこと。

「風が吹けば、桶屋がもうかる」は日本版バタフライ・エフェクトか?

|

« オランダ頑張れ | トップページ | 戦場のピアニスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83861/2265755

この記事へのトラックバック一覧です: バタフライ・エフェクト:

» バタフライ・エフェクト [Yuhiの読書日記+α]
アシュトン・カッチャー主演の映画で、サスペンス物。 記憶喪失ものだと聞いていたので、「メメント」のような話なのかな?と思ってましたが、全然違ってました。 私的には「メメント」より、こっちの方が面白かったかなー。 サスペンス物の中では、久々のヒットでした{/kirakira/} 主人公のエヴァンは、父親から遺伝で、子供の頃から一時的に記憶を失うことがあった。 7歳の時、幼なじみの父親が映画を撮ろうとしたが、途中で�... [続きを読む]

受信: 2006年6月18日 (日) 01時39分

» 映画『バタフライ・エフェクト』 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:The Butterfly Effect I'll come back for you. あの頃のあの時に、少しだけ過去に戻って変えてみたら、少なくともこの現在の耐え難い状況に陥ることはないだろう・・。 誰でも思うことあるよね、そういうこと、・・だけど、こっちを立てればあっちが立たず、あっちを... [続きを読む]

受信: 2006年7月 1日 (土) 01時51分

« オランダ頑張れ | トップページ | 戦場のピアニスト »