« 勝手に東野作品ベスト5 | トップページ | スワローズがんばれ!! »

2006年5月 7日 (日)

やっぱり片付けられない症候群の私

「片付けられない症候群」。私、最近これなんじゃないかと思いだしました。
だって、部屋の中がすごく、散らかっているし。整理整頓しても、数日後にはもとの状態に戻っていたりする。

「誰か住んでんじゃねー?」と思い、おそるおそるクローゼットの中をのぞいてみる。


「誰かいませんかー?」






「…」






当然のように誰もいないので、散らかしている張本人は“やっぱり私”ということになる。
このままではまさに、“足の踏み場がなくなる状況”になりかねないので、ちょっと片付けようじゃないかと一念発起。

まず、自分の部屋にあるもので、かなりのスペースを占拠しているものをリストアップしてみた。そうすることで、「部屋の中に何がたくさんあるのか」が分かると思ったから。

結果は、本(小説+マンガ)、服、電子ピアノ。この3つで部屋の居住面積のほぼ半分を占めていた。
本は、大型段ボール15個箱(約500冊)に収まった。このうち、5分の1がこち亀。

何気なく、こち亀第1巻を読んでみる。ペンネーム山止たつひこ、なつかしいぃー。今と比べて、絵が劇画タッチだ。このころはまだ麗子はいなかったんだよなー、などと思いつつ1巻読了。続いて、2巻へ...







「…」




Σ(・o・;) ハッ!  気がついたら、もう夜明けになっていた。手にはこち亀の72巻が。まだ何も片付けてないのに…

「こち亀が面白いからいけないんだ!!」 とこち亀のせいにする、自分の理不尽っぷりに脱帽。

「ちぇっ、どうせ世の中そんなもんだよ」 訳もわからず、世間に毒づいてみるが、ただ虚しいばかり。

頭の中では、ある和歌がリフレインされていた。

「有明の つれなくみえし 別れより あかつきばかり うきものはなし」

ただ、やっぱりこち亀は30〜50巻台が一番面白い(車、バイクからGIジョーまで、マニアックぶりに感心)。

|

« 勝手に東野作品ベスト5 | トップページ | スワローズがんばれ!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83861/1704688

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり片付けられない症候群の私:

« 勝手に東野作品ベスト5 | トップページ | スワローズがんばれ!! »