« あなたは、好きな人のために人を殺せますか? | トップページ | やっぱり片付けられない症候群の私 »

2006年5月 7日 (日)

勝手に東野作品ベスト5

前回、「容疑者xの献身」の読書メモをアップしました。東野作品は今までに結構読んでますが(30〜40冊くらい)、突然ですが、ここで勝手に東野作品ベスト5を決めたいと思います。

まずは第5位:トキオ。
私、子供の頃「花やしき」で何回か遊んだことがあるんですよ。だから、妙に、親近感がわいてしまって... 5位にしちゃいました。内容的には、ダメダメな男が精神的に成長していく話。

続いて第4位:どちらかが彼女を殺した。
“推理すること”の楽しさを感じさせる作品、文庫版では謎解きのヒントが袋とじの形で解説に添付されている。

第3位:秘密。
愛する人を傷つけないために、秘密を抱えて生きていく。なんかすごく、切なくなってしまう作品でした。私が一番最初に読んだ東野作品。なお、読むなら絶対単行本です。

第2位:容疑者xの献身。
言わずと知れた直木賞受賞作品。文句無いところでしょう。

そして、第1位は…

白夜行です。

「この本って何?」 白夜行を読んだ率直な読後感です。いままでに読んだ本の中で、後味が最も悪い本でした。最近、ドラマ化されましたが、小説にドラマのイメージはありません。一応、「幻夜」が続編とされていますので、セットで読まれることをお薦めします。

いかがでしたか?  「片想い」とか、ランキング入りしてもいい作品が他にもたくさんあって、非常に困ったというのが実際のところです。

本当は、第3位にした「秘密」が一番読んでほしい本なんですけどね。

なお、このランキングは、全くの私的なものであり、また未読の東野作品もあるので、賛否両論あると思いますが、なにとぞご勘弁を。

|

« あなたは、好きな人のために人を殺せますか? | トップページ | やっぱり片付けられない症候群の私 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83861/1700886

この記事へのトラックバック一覧です: 勝手に東野作品ベスト5:

» gigagalleries []
hunk musclemen gay chubs barefeet [続きを読む]

受信: 2006年11月28日 (火) 06時55分

« あなたは、好きな人のために人を殺せますか? | トップページ | やっぱり片付けられない症候群の私 »